入れ歯を綺麗にする方法

>

歯ブラシで磨かないこと

洗浄剤だけで十分

毎日入れ歯を丁寧に洗うことが、着色汚れやバイ菌が繁殖することを防ぐための基本になります。
面倒に感じないで、メンテナンスを欠かさないでください。
その時に、歯ブラシに歯磨き粉を付けて磨くことは絶対にしてはいけません。
すると歯ブラシと、歯磨き粉に含まれる研磨剤の2つのダメージで入れ歯が傷ついてしまいます。

歯磨き粉は、人工的に作られている入れ歯にとってかなり影響があるものだと理解してください。
入れ歯のメンテナンスは、専用の洗浄剤を使うだけでも十分です。
朝と夜のメンテナンスを忘れないで、これからも入れ歯を使いましょう。
歯磨き粉には虫歯予防やホワイト二ング用など様々な種類がありますが、どの種類でも入れ歯に使用できません。

入れ歯の使い方を知ろう

初めて入れ歯を渡された時は、使い方や洗浄方法がわからないと思います。
ですから歯医者で、しっかりと方法を聞いてください。
歯を綺麗にすることは、自分の見た目を整えることに繋がります。
つまり、身だしなみの一環だと思ってください。
歯が汚いと、周囲に悪い印象を与えます。

特に営業や接客業など、たくさんの人と関わる仕事をしている人は入れ歯のメンテナンスに力を入れましょう。
洗浄剤は、近所のスーパーやドラッグストアなどで購入できます。
1日でも消毒を欠かしたら状態が悪化するので、ストックを購入しておくと良いですね。
入れ歯を浸ける時間は、洗浄剤の種類によって変わります。
初めて使う洗浄剤は使い方を確認し、書いてある時間を守りましょう。


TOPへ戻る