入れ歯を綺麗にする方法

>

クリーニングしてもらう

自宅ではできないメンテナンス

かなり着色汚れがついた入れ歯は、次亜塩素酸が含まれる洗浄液でも綺麗にできないかもしれません。
しかし、まだ諦めないでください。
歯医者に相談すると、入れ歯のクリーニングを行ってくれます。
それは自宅ではできないメンテナンスなので、着色汚れが気になったら気軽に歯医者に相談してください。

また入れ歯は、丁寧に扱いましょう。
入れ歯は毎日着脱して消毒をしなければいけませんが、扱いが雑だと入れ歯が壊れます。
壊れたりヒビが入ったりしている入れ歯を使うと、口内を切る危険性があるので使わないでください。
すぐに、新しい入れ歯を作ってもらいましょう。
ただその時は、当然料金が発生します。
無駄な出費に繋がるので、ずっと大事に使ってください。

ツルツルに磨いてもらう

長く入れ歯を使うと、表面が削れてザラザラになってしまいます。
見た目が悪いですし、口に装着している時に気になるかもしれませんね。
そこで歯医者に入れ歯のクリーニングを任せると、専用の器具で着色汚れを落としたあとで、入れ歯の表面を磨いてもらえます。
するとツルツルになり、最初の綺麗な状態に戻せます。

入れ歯で気になることがあったら、何でも歯医者に相談してください。
ですから最初によく調べて、相談しやすい歯医者を選択することが大切です。
自宅から近くてすぐに行けるだけでなく、医師が相談しやすい雰囲気を持っていることを確かめましょう。
こちらの話を親身に聞いてくれたり、治療方法を詳しく紹介してくれたりする歯医者がおすすめです。


TOPへ戻る