入れ歯はホワイトニングできるのか

入れ歯を綺麗にする方法

入れ歯を白くするコツ

知らない方もいるかもしれませんが、人工的に作られた歯は、本物の歯のようにホワイトニングをすることができません。
しかし入れ歯をずっと使い続けていると着色汚れが気になるので、漂白効果がある洗浄剤を使うのが良い方法です。
特に次亜塩素酸が含まれている洗浄剤なら、白く綺麗な状態に戻せます。
しかし、かなり強力な成分だと忘れないでください。
漂白し終わったら、しっかりと入れ歯を洗いましょう。
まだ洗浄剤が残っている状態で使うと、口内を傷つけてしまいます。

それでも満足できない場合は、入れ歯を歯医者に持って行ってください。
歯医者では入れ歯のクリーニングをしてもらえるので、着色汚れを完全に落とせます。
さらに入れ歯は使用すると次第に表面が粗くなり、ザラザラした感触になってしまいますが、専用の器具を使うことでツルツルしている状態に戻せる面もメリットです。
定期的に歯医者に行き、入れ歯のメンテナンスをすると良いですね。

基本的に毎日入れ歯を洗浄剤で洗うことが、汚れたり雑菌が繁殖したりしないようにするコツです。
しかし注意してほしいのは、歯磨き粉を付けた歯ブラシで入れ歯を磨かないことです。
入れ歯は、見た目は本物の歯と似ていますが、素材が全く異なります。
歯磨き粉に含まれる研磨剤は入れ歯に悪影響を与え、表面を傷つけるリスクがあるので絶対に使わないでください。
自己流のメンテナンスは避けて、正しいメンテナンス方法を知って実行することで、いつまでも綺麗な入れ歯を使用できます。

TOPへ戻る